知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

ひどい知覚過敏の治療法(1)

プラズマレーザー機器
ストリーク

プラズマレーザー ストリーク

軽度の知覚過敏のみならず、重中度の知覚過敏の症状がある歯に当院のプラズマレーザーは有効です。

知覚過敏で悩まれている患者様は多く、その多くは治療をしたが治らないといった方がほとんどです。

知覚過敏が治らないために、『神経を抜く』と言われ当院に来院される方、また虫歯の治療で沢山削られて冷たいものが痛くなったといった方が多く来院されます。

前項のプラズマレーザーで説明した通り、

レーザーは象牙質の表層の穴(象牙細菅)を閉鎖することで刺激を遮断し、知覚過敏の痛みから歯を守ります。

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。