知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

中程度の知覚過敏の治療法(4)

プラズマレーザー ストリーク

プラズマレーザー ストリーク

知覚過敏の症状がある歯にプラズマレーザーを照射することで知覚過敏の症状を完治、緩和させる治療です。

当院では『他院で知覚過敏の治療をしたが、まだ痛みがある』、『神経を抜くと言われた』といった患者様が数多く来院します。

では、なぜプラズマレーザー(以降レーザー)を照射することで知覚過敏が完治、緩和するのか説明します。

レーザーの効果のひとつとして、象牙質の表層にある穴(象牙細菅)を埋めることができます。他の治療より密に閉鎖するので症状が良くなるのです。

象牙質の表層にある穴を閉じる現象を析出(せきしゅつ)といいます。レーザーでこの析出を象牙質に生じさせ知覚過敏を治してしまうのです。

 

レーザーが当たった象牙質は非常に硬く強化され、象牙質表面にある穴をしっかりと埋めることができるのです。

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。