知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

知覚過敏のメカニズム

硬いエナメル質に守られているはずの歯に、どうして知覚過敏が起こるのでしょう?

エナメル質がなくなり象牙質が表出した箇所に刺激が伝わる様子

歯の表面はエナメル質というとても硬い組織できてていて、それがその下にある象牙質や神経を守る役割を果たしています。

エナメル質のすぐ下にある象牙質には象牙細管と呼ばれる無数の小さな穴が開いています。象牙質の下には神経があり、その小さな穴を通って神経に痛みを伝達してしまうのです。

これが知覚過敏の仕組みなのです。

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。