知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

知覚過敏とは?

キーン、ズキーン……この痛みの正体は知覚過敏? でも「知覚過敏」と言われても詳しく知らない、どうしたらいいのか分からない……という方のために知覚過敏を解説します。知覚過敏にならないよう理解を深めるため、象牙質やエナメル質のことから知っておきましょう。
お口の刺激に要注意

 

虫歯でもないのに刺激が加わるとキーン、ズキーンといった痛みを感じる症状の多くが知覚過敏です。

虫歯や歯周病が原因で歯がしみたり痛みを感じることもありますが、知覚過敏の大きな特徴は何らかの刺激を受けなければ痛みは感じないというところにあります。

 

また、通点(触ると痛いところ)があります。

冷たいものを口に入れたとき、かんきつ類などの酸っぱいものを食べたとき、歯ブラシの先が当たったときなどで痛むのは知覚過敏の症状であることが多いのです。

 

 

 

またの名を「象牙質知覚過敏」

 

知覚過敏は正式には象牙質知覚過敏と呼ばれます。

歯の表面はエナメル質というとても硬い組織で出来ていて、それがその下にある象牙質や神経を守る役割を果たしています。

 

エナメル質は人体の中で最も硬い組織で、水晶ほどの硬さがあります。乳歯、永久歯ともにエナメル質はありますが、乳歯のエナメル質は厚みが永久歯の半分ほどしかない上に水分量が多く、永久歯のエナメル質に比べ柔らかく出来ています。そのため乳歯は虫歯になりやすいのです。

 

ここまで読んでいただくと、二度と生え変わることのない永久歯のエナメル質がいかに大切かが分かっていただけると思います。

 

ではなぜ、硬いエナメル質に守られているはずの歯に知覚過敏が起こるのでしょうか?

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。