知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

知覚過敏になる原因(7)

歯周病

 

歯周病で歯茎が下がると、歯の根元が露出し象牙質が露出してまいます。

象牙質の表面には神経につながっている穴が無数にあいているため,その穴から痛みが象牙質に伝達されてしまい知覚過敏を引き起こしてしまうのです。

また歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。

支えている骨が溶けてしまうと、歯がぐらぐらしてきて抜け落ちてしまいます。

歯周病により知覚過敏の症状を引き起こすことがありますので、歯周病と知覚過敏の治療を一緒にすることが必要になってきます。

歯周病は日ごろから歯科医院でに検査、治療により予防できたり、進行を抑えることができますので、定期的に歯科医院にいくことはとても大切です。

 

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。