知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

知覚過敏になる原因(5)

噛み合わせ

 

かみ合わせせはお口全体のバランスを保つのに大切です。

当院HPの噛み合わせの治療法にあるように、噛み合わせが悪いと知覚過敏、歯の揺れ、歯槽膿漏、歯周病、虫歯、顎関節症などあらゆる歯科疾患を起こす原因になります。

噛み合わせが原因で局所的に過度な力(咬合圧)がかかると、歯の表面にあるエナメル質が剥がれるような状態になり、刺激が象牙質に伝わりやすい状態になります。

その結果知覚過敏になってしまうのです。

知覚過敏の症状は軽度なものから重度まで幅広く、特にかみ合わせを放置することで

他の歯科疾患に移行することもありますので、かみ合わせの治療をすることは非常に大切です。

 

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。