知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

知覚過敏になる原因(1)

エナメル質の損傷

悪い噛みあわせや強い歯軋りによって、歯と歯茎の部分に力が集中してくびれができてしまいます。

この現象をアブフクラクションといいます。くびれた歯茎部(歯と歯茎の間)の表面はエナメル質が破壊されているため、象牙質が露出してしまいます。

そこで知覚過敏の症状が現れるのです。

またくびれた部分は、汚れが溜まりやすい形状になっているため虫歯や歯周病にもなりやすいため注意が必要です。

歯軋りは主に就寝中の無意識のうちにおこなわれています。奥歯に体重以上の力がかかっていますので、場合によっては歯がかけたりたりすることがあります。

また飴や氷をガリガリと噛むことも歯に亀裂を作る原因になります。

硬い歯ブラシで強く歯を磨き続けてているとエナメル質を削ってしまうことがあります。

 

歯に亀裂が入ったり、すり減ってくびれてしまった歯は象牙質がむき出しの状態にあります。

そこで冷たい食べ物などの刺激が加わると歯がしみてしまうのです。

 

 

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。