知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

軽度の知覚過敏の治療法(1)

シールドフォース(歯科用知覚過敏抑制材料)

知覚過敏用塗り薬

歯科用知覚過敏抑制剤のシールドフォースを、知覚過敏の出ている歯の表面に塗布して使います。

シールドフォースの接着成分によって、歯質のカルシウムと反応した物質が象牙細管の中や歯の表面に生成します。

治療中、エアーでこの溶媒と水分を飛ばすことによって、知覚過敏が発症している表面に薄い層が形成されますので、こうして象牙細管が封鎖され、知覚過敏抑制の効果が得られます。

また、光を照射することによって、象牙細管の中の反応生成物と塗布表面に形成された薄い膜が強固に重なり合い・硬化します。

これが被膜として生成され、薄いながらも均一で硬い被膜として形成されます。

よって、外部からの刺激を遮断するだけでなく、歯ブラシなどによる摩耗に対しても効果があります。

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。