知覚過敏の治療法 ひどい知覚過敏でも神経を抜かない・神経を取らない治療法

虫歯でもないのに刺激が加わるとキーン、ズキーンといった痛みを感じる症状の多くが知覚過敏です。虫歯や歯周病が原因で歯がしみたり痛みを感じることもありますが、知覚過敏の大きな特徴は、何らかの刺激を受けなければ痛みは感じないというところにあります。

冷たいものを口に入れた時、かんきつ類などの酸っぱいものを食べた時、歯ブラシの先が当たった時などで痛むのは知覚過敏の症状であることが多いといえましょう。

エナメル質のすぐ下にある象牙質には象牙細管と呼ばれる無数の小さな穴が開いています。象牙質の下には神経があり、その小さな穴を通って神経に痛みを伝達してしまうのです。これが知覚過敏の仕組みです。

エナメル質は人体の中で最も硬い組織で、水晶ほどの硬さがあります。乳歯、永久歯ともにエナメル質はありますが、乳歯のエナメル質は厚みが永久歯の半分ほどしかない上に水分量が多く、永久歯のエナメル質に比べ柔らかく出来ています。そのため乳歯は虫歯になりやすいのです。

ではなぜ、硬いエナメル質に守られているはずの歯に知覚過敏が起こるのでしょうか?!

知覚過敏の治療法

塗布することで知覚過敏状態の表面に薄層が形成され、知覚過敏抑制効果が期待できます

歯の成分のカルシウムとリンを豊富に含み、歯を再石灰化・強化するミネラルペーストです

天然歯のようなプラスチックの詰め物で、本物の歯に近い質感を実現しているものもあります

プラズマ光球体の熱エネルギーにより、歯のエナメル質や象牙質の耐酸性を高めます

知覚過敏のお悩みや、それ以外であっても例えば、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいこと、歯にまつわるご相談をお受けいたします。お気軽にメールをお送りください。

※携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、必ずPCからのメールを受信できる設定にしておいてください。